世間の人はまったく知らない仕事で昇格するための、ある秘密の儀式

仕事で昇格する為には、どうしたらいいのか

私は正直40歳を過ぎるまで会社員として、役職はおろか平社員から一度も昇格した経験すらありませんでした

それが40歳を目前にして突然転職し、アルバイトのトラック運転手から二年もたたずに、いきなり会社でトップの責任者に抜擢されて今に至るわけですが、これは「偶然や、まぐれ、たまたま運が良かっただけ」と考える人もいることでしょう

しかし私は微塵もそうだとは思いません、仕事で今の成功を収めるために何十~何百という日頃の「ほんの些細な心掛け」を毎日毎日少しずつ実践していき、塵も積もれば山となるで今の結果を収めることが出来たのだと私は自負しています

あなたが使っている印鑑、それで大丈夫なの?→印鑑は仕事や出世運に関係するのか?印鑑を軽視する男は成功出来ない

今から話す内容は、世間の人達が知らない方法

私が実践してきた事は、よく様々な自己啓発セミナーなどであるような派手で、おおげさなものではなくて他人から見ると「えっ、そんなどうでもいいことなの(笑)」なんて笑われてしまうような、そんな内容のものがほとんどです

しかし、それこそが自分を変えていく大きな原動力になっていくことを、私は実践と経験から間違いのないものだと確信をしています

では早速ですが、あなたは会社のトイレで用を足す時に日頃から何か心がけていることはありますか

突然なんだろうと困惑されている方もいるでしょうが、ここからもうすでに自分を変えていく、そして会社で成功してトップになるための秘密の儀式が、もう既に始まっています(笑)

隅っこのトイレは決して使ってはいけない

トイレで用を足す時、会社の男子トイレなら白い小便器が横一列にずらりと並んでいる事だろうと思いますが

ここであなたがやるべき事はズラッと並んだ小便器の中心、そう「ど真ん中」で堂々と用を足すこと

間違っても、コソコソと端の方で用を足す事など決してやってはいけません

もしも、真ん中のトイレで用を足している人が、もしいたとしても後ろで少し待って、その「ど真ん中」の小便器が使えるのを待つのです

考え方としては、その真ん中の小便器が会社ではトップの人間が座るべき椅子、あなたが将来いるべき会社でのポジションとなります

アホらしくてやってられん

「そんなバカな事、アホらしくてやってられんわ(笑)」、そう思われる方はそれで結構、コソコソと隅っこの端の方で静かに用を足してください、誰もあなたを責めたりはしませんよ

よく自己啓発などで、人生の成功を収めるための数多くの教えが書かれている本などが出版されていますが、その内容はどれも間違いなどではなく真実の教えが書かれていると私は、よく理解しています、しかし今まで何の成功も収めたことなどないし、それどころか

いくら一生懸命努力しても、ずっと平社員止まりだった、かつての私のような人からしてみると、そのような有名な著者が書いている「超ハイレベルな実践内容」をいきなりやることは到底不可能でしたし、実際に出来ることなど一つもありませんでした

私もかつては新しい物事にチャレンジする前から、「どうせ無理だろう・・」と尻込みしてしまうような人間でしたので

たいした勇気もなく気の弱い当時の私が、はじめから抵抗なく実践して変えられる事といえば先ほど紹介をしました「トイレで用を足すときは、必ず真ん中の小便器で用を足すこと」これぐらいの事しかやれなかったんです

しかしですね、これを実際にやってみると自分の心の中で少しずつですが気持ちの変化が表れてくるんですよ、不思議と・・

自分の心の中は気が付かないうちに変化していた

今までは無意識に他人に遠慮をして、端っこの隅の方でコソコソと用を足していたわけですが、ズラッと並んだ小便器のど真ん中で堂々と用を足していると、何とも言えない爽快感を私は感じはじめるようになってきたんです

そのうちに、これを何度も繰り返しているうちに真ん中の小便器以外で試しに用を足そうとすると、いつの間にか妙な屈辱感を感じるように自分が変化している事実に驚きました

その時の気持ちは、「この俺様が、なんでこんな端の方でコソコソと用を足さなくてはならないのか!」

そんな、今まで感じたこともなかったような反発心が自分の心の中で、いつの間にか芽生えていることに初めて気が付いた、そんな経験をしました

小さいことですが確かに男としてのプライドが自分の中で生まれた、そんな感じでしたね

しかし考えてみると、今仕事で成功している最初の原点は何かと尋ねられたら間違いなく

「並んだ小便器のど真ん中で必ず用を足すようになったこと」

と私は本気で答えますよ

ばかばかしいと思われるかもしれませんが、これが私が仕事で成功を収める為の最初のスタート地点となりました

あなたへのおすすめ記事→やられたらやり返す怒りや悔しさを最強のエネルギーへ変換する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする