職場でイジメられる人は、いつもやっている「ある行動」がダメだった?

スポンサーリンク

職場でイジメられる、あなたにはそんな経験がありませんか?

職場の中に意地悪をする嫌な人が一人でもいると、それだけで仕事に行くのが億劫になります、ほんと嫌ですよね

あわせて読みたい記事→他人にしたことは必ず自分に返ってくる「因果の法則」の仕組みを解明

なぜイジメられるのか?

私も若い頃から、そういったイジメなどの悩みに長い間苦しめられてきました、その為に手っ取り早く私が選んだ方法といえば、転職などによる環境自体を丸ごと変えてしまうやり方だったんですが・・

確かに、この方法だと実際に自分を苦しめている会社の同僚や上司などから、あっさりとおさらばできますが、その代償として今まで積み重ねてきた会社での実績や経験

せっかく苦労して雀の涙ほど上がった給与なども、転職して次の会社に勤め出したら当然またゼロにリセットされて、そこからのスタート、そして皮肉なことに年齢だけがどんどん積み重ねられていく・・ 最悪ですね

あわせて読みたい記事→私、とうとう脱皮しました、しかし脱皮した後は思った以上に辛かった

転職では根本的な解決策にはならない

私も転職は若い頃、何度も繰り返してきて確かに転職したばかりの頃は、新しい人間関係が始まって、いじめや理不尽な要求をしてくる人がいなくなったようにも思えますが

しばらくすると、また同じようなタイプの人間が現れて、結局は何度転職を繰り返したとしても結果は同じ事だということに、しばらくして気が付きました

じゃあ、どうすれば自身を悩ますこのイジメを解決することが出来るのか? 当然相手の性格を変えるなどということは私も、はじめから考えてはいませんでした

そんな人達の性格が、そう簡単に変えられるものなら始めからイジメで悩むことはないでしょう

あわせて読みたい記事→一度逃げた困難がどこまでも追ってくる、その本当の理由を教えます

生活できるだけの不労所得さえ持っていれば・・

そんなことでイジメを解決できる方法として私が出した最終的な結論は、会社の奴隷として働かなくてもよい立場にまで自身を引き上げること

つまり不労所得などで会社に行く必要のない生活さえ手に入れれば、そんな悩みは当然なくなるだろう、そんな結論をはじき出しました

しかし、そうは言っても私はそんな都合の良い不労所得などあるはずもなく、そんなことが簡単に実現可能なら、はじめからイジメられる苦労などはいたしておりません

あわせて読みたい記事→職場での人間関係の悩みの解決方法を根本的に間違っていないですか?

ですから、ここからはあくまで職場に在籍しながらもイジメに対して、どう対処すればよいのか? そちらの話をしていきます

先ほどのような人達に対処できる方法として、選べる選択肢は正直少ないですが

私が実際にやってみて一番確実で成果のあった方法だけを、一つだけここでは紹介したいと思います

肝心なのはイジメられる前の対処

まずは思い出してみてください、はじめて職場で働き始めた頃いきなり初日から今のようなイジメにあったりしていましたか?

おそらくほとんどの人は、はじめからそういったイジメは、なかったはずです

それがいつの間にか時間が経つにつれ、一つ、二つと小言を言われ出したかと思うと

最終的には職場でイジメられることが、普通の事のように定着してくる?

実はここに見過ごしてはいけない、ある重要なポイント」が隠されているのですが、それを毎日やってしまうことによって結果的に上記のようなイジメが最終的に起こってくるのです

まずは職場に配属されたばかりの頃、イジメが大好きな人間は、はじめからあなたに対して暴言や無理難題を押し付けてくることなどは、ほぼありません

あなたが毎日仕事の中で何らか物事を「頼まれて、引き受ける」そして何故だか?小さなどうでもいいことで注意をされる

スポンサーリンク

その繰り返しの中で相手は「この人なら、ここまでの物事を頼んでも小言を言っても大丈夫だな・・」と知らない間に「イジメる人の事前調査」を始めるんです

それを毎日の仕事の中でイジメが大好きな、その人達は

試しに小さな頼み事をしてみる→ 実行してくれる→この人はやってくれる人 

→ 少し大きな頼み事をする→ やはり快く実行してくれる→ この人は文句も言わずにやってくれる人だ 

→ かなり大きな頼み事→ 無理かと思ったが、やはり実行した→ この人は何でもやってくれる私にとって、かなり都合のいい人

→ かなり理不尽な無理難題もついでに調子に乗って頼んでみる→ やっぱりコイツはバカだ(笑)、やはり実行した→ もちろん無理難題なのは、はじめから分かっていたが私が頼めばやるのが当たり前で、その人の気持ちなど、もうどうでもいいし考える必要もない

その後、できなかった人は→ 仕事ができなかったり怒られたりしてイジメられるのは、自分の力不足が原因なんだ・・やっぱり自分が悪い・・と感じてしまい結果的にイジメられるだけイジメられ、責任を感じて職場を去ってしまう

この悪循環にはまってしまっていることに、ほとんどの人は残念ながら気が付いていません

それよりも、こういったイジメや無理難題を押し付けてくる人達に対しての恨みや憎しみで、頭の中が一杯になってしまっていて

「ここまでの事態を引き起こすまでの順序やプロセスを、イジメられている本人は全て見落としてしまっているんです!」

こうなってしまった最大の原因は、毎日行っている一つ一つの仕事に対する受け答えや反応など、そういったことの積み重ねによって最終的に、このような大きな事態を引き起こしてしまっているんですね

意地悪な人間は、最後はこうなる→長い人生で学んだ「人に対して毒を吐く人間」に必ず待つ哀れな末路

イジメられる前から手を打つこと

まずはじめに注意して意識する事から話をしていきます、要求は回数を重ねるごとに必ずエスカレートしていくものです、ですから小さな要求のうちにそれを上手くかわすか

その要求自体が最初から頼まれないように先回りして行動する、時間のタイミングを意図的にずらしてみるとか

または、どうしてもやらなくてはならない時には少し不機嫌な顔をして、それからわざとイライラするくらい、のんびりと行動を開始する事をやってみてください

相手に対して「私は、すぐに何でも快く引き受ける人柄のいい人間ですよ」みたいなオーラを常に放出していては絶対にダメなんです

コツは「小さくNO!」

だからと言っていきなり大きなNO!をやってしまうと、会社での立場や人間関係も一気に壊しかねませんので、あくまでも小さなNO!からスタートです

少しずつ相手に「ちょっと・・この人は簡単には利用できないな・・なにか頼みごとをしたり小言を言ったら、すぐに不機嫌な顔になってしまう、最初の印象よりも、なんだか面倒くさい人だな・・」

そう思われ出したらチャンス!です、どんどんそんなイジメ体質の人達からは距離を離していきましょう、もう無理をしてまで、そのような人達に近づいて行く理由など、どこにもありませんから

この方法は今でも実際に私が毎日実践していることなのですが効果は確実にありますし、職場だけではなく学校や親戚付き合い、その他の人間関係の様々な場面でも間違いなく応用が出来ます

まだ、小さな要求や小さなイジメのうちに「小さくNO!」で、少しずつ拒否を繰り返していく

たとえ、その要求やイジメが、すでに大きくなってしまっていたとしても

「小さくNO!」の積み重ねを、しつこく毎日続けていくうちに要求やいじめは確実に小さくなり

いずれは消滅してしまいます諦めずに毎日継続して、このやり方を続けていきましよう

あなたへのおすすめ記事→人生につまづいたら知ってほしい、人生プラス、マイナス、ゼロの法則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする