パートナーがいないできない人生の原因はこれだった!自分に許可を与える事の重要性

人生、様々な悩みの中でもパートナーがいない、できないといった悩みは

人が生きていく上で最も重い部類に入る、深刻で深い悩みだと私は考えています

パートナーを見つけるのは、そう簡単なことではない

このブログでも書いている通り私は二度の結婚を経験しておりますが、二度目の結婚までに費やした苦労や労力は並大抵のことではありませんでした

何としてでも理想のパートナーと巡り会うために結婚相談所に数ヶ所も入会し、パーティーやお見合いに参加をした回数などは間違いなく100回は軽く超えていることでしょう

私は恥ずかしながら、お見合いやパーティーなど、どれだけ挑戦してもなんの成果も得る事もできずに

家時に着くまでの、あの悲しくもむなしい空虚感を嫌という程何百回も味わいました・・

それくらい本気でパートナー探しを長年やってきた私ですから、パートナーが見つからない、できないという、とてつもなく辛い苦悩は私は本当によく理解しているつもりです

特に婚活中の男性には読んでもらいたい記事→30代後半から40代男性の婚活で自覚したい結婚と年収の厳しい現実

今になって思い返せば夏祭りやクリスマスなど、カップルで楽しむイベントの日が近づくと、町中で手を繋いで歩くカップルや幸せそうな夫婦などがやたらと気になり、その姿を遠目に見るたびに何とも言えない胸の苦しさをどれだけ味わってきたことか・・

今でこそ理想のパートナーを得る事で、そんな思いを感じることなど今では全く無くなりましたが、その当時の状態には絶対に私は戻りたくはありません、あんなに辛く悲しい思いはもう懲り懲りなんですよ

どうやって理想のパートナーを見つけるのか

では、ここで私自身の話は終わりとしまして問題は現在パートナーがいない方が、どうやって理想のパートナーと巡り会うことが可能になるのか

実は私も様々な願い事を自分でも、かなり叶えてきていると自負していたんですが、この理想のパートナーと結ばれるという願い事は

物理的に単純に解決出来るものでは当然ありませんでしたし、お金を払えば理想のパートナーがすぐにでも見つかる訳ではありませんでしたので、この問題は私にとって、本当に人生最大の難関となりました

あわせて読みたい記事→8年間の婚活地獄から脱出し理想の結婚をした私から本気のメッセージ

では早速ですが私が最終的にたどり着いた、理想のパートナーと出会える為の最良の方法を教えます

単刀直入に言います、大事な事なのでしっかりと聞いて下さい

「自分に許可を与える考え方を確実に身に付け、それをためらわずに実行すること」

この考え方をしっかりと頭の中に叩き込んでください

この考え方を身に付けられなかったせいで理想のパートナーに出会えるまで、私はムダに長い月日を費やしてしまいました

これは必読!→彼女を作るための方法と、その願いが叶う最後の鍵となるものとは?

これは大変重要な事ですので、「自分に許可を与える考え方を身に付ける」ということを、今から分かりやすく説明していきたいと思います

例えばあなたが今、小さい子供だったとしたら・・と難しいですが仮に想像してみてください

そして戸棚の中に、あなたがどうしても食べたいお菓子が入っていたとします、あなたはそのお菓子がどうしても欲しいのですが、そのお菓子を食べるには絶対にお父さんの許可が必要だったとします

しかも子供のあなたから見て、そのお父さんが「とても厳しくて恐い存在」だったとしたら・・ あなたはそのお菓子を、お父さんの許可なく勝手に食べることができますか

おそらく答えはNo! 絶対に無理なはずです

しかしあなたは、もう限界近くまで、お腹も空いていて確かにお父さんに激しく怒られるのは分かっている事なんですが、とうとう我慢も限界に達してしまい

「もう、お父さんに怒られてもいいから、とにかくこのお菓子を食べる!!」

「あなたは自分に許可を与えました」

そして次の瞬間あなたは戸棚を開けて、そのお菓子を手にしていました

そして子供のあなたは、ずっと前から欲しかった、そのお菓子を無事美味しく食べることが出来たんです

ただ後で当然その厳しいお父さんに、怒られることになるかもしれないですがね(笑)

では次です

例えば、あなたの頭の中には前々から欲しかったブランド品の高級なバックがあったと仮定します

そのバックは、とてもあなた好みでスマホで毎日写真を眺めながら「いいな~ これ絶対に欲しいな」といつも考えていたとします

でも・・ 無理なんです

そのバックは永遠に、あなたの物にはなりません、なぜならそのバックは、あなたのお給料の何ヶ月分もするような、とても高価な物だったからです

確かにローンを組んだり、またはずっと前から貯めておいた貯金を、ほとんど使い切ってしまえば買えない金額ではないのですが・・ 後々のことを考えると、とても怖くてそんな高級なバックを買うことは出来ません

「絶対に欲しいのは分かっているけど、この金額じゃな・・ やっぱり無理か・・」

当然あなたはこのバックを手に入れることを、いつものように無理だと判断して諦める訳なのですが・・ しかしここで思いもよらぬことが起こりました!?

それは突然誰かにプレゼントされた訳でもなく、ましてや突然大金が手に入った訳でもありません、あなたは次の瞬間から、このバックを手に入れるための具体的かつ有効な手段を取るんですが、それは一体何なのか?

「あなたは自分に許可を与えました」

話を続けます、あなたはとうとう自分自身の考え方に限界が来てしまいました

もう、このバックを手に入れたい事は、ずっと前からあなたの本心なのです、もういい加減我慢も限界、生活が苦しくなろうがローンを組んで借金が増えようが、もうそんなことはどうでもいい

「とにかくこのバックが欲しい!自分の物にしたい!!」

「あなたは自分に許可を与えました」

次の瞬間にはスマホで、その高級なブランド品のバックをネット注文して後日無事その念願のバックを、あなたは手に入れることが出来ました、ただ、その後の生活が苦しくなったのかどうなのかは私には分かりませんが(笑)

「自分に許可を与える」から、願い事が叶う扉が開かれる

つまりこういうことなんです、自分の本当の心の奥底にある願いを結局は叶わないように扉を閉めて動けなくさせているのは

どんな現実的な障害や難しい問題が、あろうとなかろうと自分に許可を与えていない状態、つまり

自分に確実で明確な許可を与えていない状態では、何も起こらないし何も変わらない

コンプレックスの解決法を甘く見てはいけない→コンプレックスは解消したほうがよいのか、なおす方法はあるのか?

この自分に許可を与えていない状態をずっと保ったまま、いつまで経っても自分の願いが叶わないと

ずっと願いが叶うことのない無駄な思考を、ただ延々と無限に繰り返しているだけなんです、ただ中には

「パートナーを見つけるということは、お菓子やバックとは違って品物では無いんだから、考え方そのものが違うだろ」

そう思われる方もいると思いますが、その考え方では残念ながら今まで通り、寂しいクリぼっちや町中のカップルを羨ましそうに眺めるだけで、その方の人生は終了してしまいますね

ハッキリ言います、よく聞いてずっと固定されている考え方を書き換えてください

パートナーは品物と同じです

極端に例えるならばパートナーを探しに行く事と、スーパーで今日の、お鍋に使う大根を選びに行く事とは形は違えど、ものの考え方は全く同じことなんです

大根 = パートナー →同じもの

大変失礼かもしれませんが無理やりでも、この考え方に頭の中を修正してください

例えば今まで、あなたなりに考えてきて満足する結果がもし出せなかったとすれば

一度少しの間寄り道をして私の考え方を、一度は試してみるのも面白いとは思いませんか?

もしかすると、その道が寄り道ではなくて本当に、あなたの心からの願いを叶える素晴らし未来への道なのかもしれませんよ

当然私は寄り道ではなくて、その道が真実の道だと確信して、あなたに今お話をしているんですがね・・

ムダな考え方を、何度繰り返したとしても結果は同じである

自分に確実で明確な許可をしっかりと与えないのであるならば

いつまで経っても物事が自分の願う方向へと進んで行くという事は

よほどの偶然や何かの繋がりがない限り

願望を達成することは、ほぼ不可能に近い事になってしまうでしょう

自分へのハッキリとした許可が無い状態が、願いを叶えることを阻害している最大の壁であることを

十分に認識することで、あとは自分の意志の力だけで、その壁を破壊して取り除くことが可能になるんです

その壁を破壊した後に願いを叶えるための道筋がありますが残念ながら、その壁は心の中にだけ存在している実際の世界では絶対に見ることの出来ない壁なんです

そして、その壁を壊すことは、その本人にしかできません、残念ながら自身の心の世界の中にある壁を他人に頼んで壊してもらうことは不可能だからです

確かに誰かにサポートしてもらうことは可能でしょうが、最終的に壁を壊すのは自分自身になります

しつこく何万回でも説得して「自分に許可を与える」こと

「もういい加減、自分にパートナーがいてもいいだろう、もうすぐにでも手に入れてしまおう」

「もしも、その後に何か起こったって、その時はその時でもういいいじゃないか、とにかく一人になるのはやめようよ」

「わざわざ一人で寂しい思いをすることはないじゃない?、もうパートナーをいい加減手に入れよう」

説得をしてください、毎日、しつこいくらい自分に対して説得を繰り返すんです、そして何ヶ月間説得しても構いません

とにかく、しつこく、しつこく、嫌になるくらい、自分を何万回でも説得するんです

説得して、説得して、説得してください!!しつこいくらいに!

すると、心の中にいる頑固で絶対に考え方を曲げない自分が、ついには折れてしまいます、そうなんです

とうとう壁を壊すために、自身の心は嫌々ながらも行動を始めるんです

壁を壊した後でしか、その先の願い事までたどり着くことは絶対にできません

まずは、自分自身を説得し「自分を許可する」ことから始めましょう

そこからがスタート地点ですよ

本気で婚活地獄から脱出したいあなたへ→婚活40代男が婚活地獄を脱出する、きっかけとなったある言葉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする