家畜と社畜の違いってなに?自由になるためにまずは意識したいこと

スポンサーリンク

私は小さい頃に、この小屋に連れてこられて、ずっとここで飼われているニワトリです

あ・・この写真はね、ここに連れて来られた時の写真で今では立派なメスのニワトリになっているのよ

今日は私の普段の生活を、せっかくだからあなたに、お話ししてみたいと思っているの、え・・ニワトリの話を聞いてもつまらないですって?

でも、そう言わずに少し私の話を聞いてよ、ニワトリの話を聞く機会なんて、そうめったにあることではないわよ

この話を会社の仲のいい人に話してみるといいわ、なんてったって「小屋の中のニワトリの話」ですからね、きっと驚くはずよ

あ・・少し話を聞くつもりになったみたいね、じゃあ、あなたの気が変わらないうちにさっさと話を始めましょう

小屋の中のニワトリのお話

私はいつもこの小屋の中、毎日がとても退屈なの・・ 朝になると「社長」て皆が呼んでる、とても怖いおじさんがやってきて私が毎日頑張って産んだタマゴや、他の仲間達が産んだタマゴも一つ残らず全部持っていってしまうのよ、ひどいでしょう

でもその代わり、ほんの少しだけなんだけど今日一日分の食べ物だけは置いて行ってくれるの嬉しいんだけど、その社長っていうおじさんはケチで食べ物は少ししか置いていかない

なかなかお腹がいっぱいにはならないけど、それを全部食べたら次の日、また食べ物を貰えるまで私はずっと我慢をしているの・・

それに、そのおじさんたらひどいのよ、私たちがせっかく頑張って産んだ卵を目玉焼きにしてテーブルで、ゆっくりとコーヒー片手に新聞を読みながら、とても美味しそうに目玉焼きをお腹一杯食べているんだけど

私たちはいつも少しのごはんしか貰っていないから、いつもお腹ペコペコなのよ!、私たちの気持ちも少しは考えてほしいわ(怒!)

そして明日も、またあの社長っていう怖いおじさんがやってきて、私たちが苦労して産んだ卵を全部持って行ってしまうの、少しの食べ物と引き換えにね、多分ずっとこの生活がいつまでも繰り返し続くんだと私は思うわ、ずっと変わらない・・ ずっと同じ毎日の繰返し

小屋から逃げ出せるけど、逃げ出せない

あ・・でもね、この酷い小屋から実は抜け出すことが出来るのよ、もう古い小屋だからあっちこっちに穴が開いていて、いつでも外の世界へ逃げ出すことが出来るんだけど・・ 私、ここで食べ物を貰うことしか、他に食べ物を手に入れる方法を知らないから

本当は、こんなひどい場所から今すぐにでも逃げ出したいんだけど・・そうしたら明日から私、食べる物が無くなってしまうから仕方なくずっと、この汚い小屋の中で暮らしているんだ

スポンサーリンク

あぁ~・・ 私も外を自由で好きなように飛んでいる、あの鳥さん達のように食べ物を自分で取れるようになれればな~ きっと毎日が自由で楽しいでしょうね

話が長くなっちゃったけど私の話はこれでおしまい、ぜんぜんつまらないお話だったでしょう、だから今度はあなたの話を聞かせてちょうだい、ちなみに私は聞いた事があるんだけど私のこの生活って「家畜」っていう生活みたいなのよ

でも、あなたはこんな私の生活とは違って「社畜」っていう素敵な生活を送っているって私は聞いたことがあるわ、どんな生活かは知らないけど私と違って毎日がとても楽しい生活なんでしょうね、羨ましい~

早くその「社畜」って生活の話を私に聞かせてちょうだい、早く、早く聞かせてよ!

「社畜」も「家畜」も同じこと

あなたは、このニワトリさんにどんなお話をしてやりたいですか、ほとんどの方はもうすでにお気づきでしょうが「家畜」も「社畜」も話の内容に余り大差はございません、このニワトリさんは社畜の話を聞いてガッカリすることでしょうね

そして、そんな私も完全なる「社畜」でございます

毎朝、あの鶏さんと同じように社長という怖いおじさんが、会社とういう小屋にやってきて私は卵を産めないので、その代わりその社長に「自分の自由な時間」を奪い取られてしまします

他の仲間たちも卵を産めないので、やはり私と同じように「自分の自由な時間」を朝から日が暮れるまで奪われていってしまうのです、少しのお給料と引き換えにね 

本当に酷いおじさんでしよう・・ あれ? これでは、ほとんどあのニワトリさんの話と変わりがありませんね(笑)

あわせて読みたい記事→突然ですが私ガチで仕事を辞めました、仮想通貨に未来を託して・・

小屋から抜け出せる力が無ければ、ずっと家畜を続けていくしかない

今日、このブログで皮肉たっぷりに社畜の事を書きましたが、意外とその行くしかない事実を普段気が付いている方は少ないんですよね

皆あのニワトリさんと同じような生活を送っている事を自分では意識すらしていないんです

まずは意識して、真実に気付く事が大事です!

私も現在は完全な社畜ですが意識して、その事実に気が付く事はできています、そして大空を自由に飛び回っている、あの鳥たちのように・・

いつか私も、この社畜という小屋から自由に飛び立って行くつもりです

あなたへのおすすめ記事→YESマンになるなNOマンになるという生き方こそが人生を変える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする