心が体に与える影響は体だけではない、知らないとヤバイ真実とは?

皆さんは「心と体は繋がっている」という事実があることを、ご存じですか?

人は精神的に病んでいたりすると、体のあちこちに悪影響が出てくるものですが

意識して体に悪影響が出ないように理論的に自分の体の体調管理を行っている方などは、そう多くはいない事だろうと思います

ちなみに私は若い頃から心と体の繋がりや関連性について一般の方よりも、より深く考える機会が多かったように思います

私は異常なほどの病気嫌いである

私は元々異常なほどの病気嫌いな性格でして、他人が病気になったりするのを見るのも嫌ですし、自分が病気になる事はもっと嫌いで、自分にとって病気とは

病気=完全なる悪

と、そこまで言い切ってしまうほど、極端すぎるぐらいの病気嫌いなんです

若い頃から、そのような性格でしたので自分が病気になったのが原因で、会社を休まないといけなくなってしまったりすると、それこそ一大事です

なぜ、自分は病気になってしまったのか?または怪我などをしてしまう事になったのか、その原因を見つけ出し究明するまでは

多くの書物を読み漁ったり様々な角度から考えを巡らせるなどして、その都度納得がいく答えが出るまで考えをやめることはありませんでした

私の体は素晴らしい健康体を、ずっと維持出来ている

そして今、40歳半ばを超えている私の体は素晴らしいほどの健康体なのですが、周りからは「なぜその歳で、そんなに健康なのか?」と、よく知り合いなどに不思議がられ質問されたりしますが、その理由は間違いなく

「心と体は繋がっている事実と、心が体に及ぼす影響を私は完全に理解しており、長年それを自分自身の体で実践している事」が、その理由であり、だから私は病気になる事がほとんど無いのです

ここで、「病気になる事がほとんど無い」という「完全ではなくて、ほとんど・・」という表現を不本意ながら未だに使わなくてはならない理由としましては

残念ですが私自身が病気になる原因である心の仕組みに関しては十分に理解していても、それを今ある私の力では

完全に取り除く事が出来ない現実が存在している為に、私としましては未だに完全と言う言葉を使う事が出来ていません

社畜生活が私の体に悪影響を及ぼしているのは間違いない

ちなみに体が不調になってしまう原因とは、もちろん未だに会社勤めをしていることによって不本意ではありますが社畜として

経営者に毎晩夜遅くまで、こき使われている事が第一の原因だという事は自分でも十分理解しているつもりです

あわせて読みたい記事→家畜と社畜の違いってなに?自由になるためにまずは意識したいこと

では、そろそろ心が体に及ぼす影響についての話を詳しく解説していきたいと思いますが、あなたには、このような経験などはございませんか? 

学校や仕事が休みの日の朝は楽に目覚める事が出来るのに、これから学校行かなくてはならなかったり

仕事では嫌な上司と一日中顔を合わせなくてはいけないなどと考えたりするだけで

なかなか布団から起き上がることが出来なくなったりする経験はありませんでしたか?

当然これは誰が、どう考えてみても心が体に影響を及ぼすことによって体が拒否反応を起こしている一つの例となりますが実は、ここからが一番大切な、この記事を読んで欲しい重要なポイントになるんです

先ほどのような体が軽い拒否反応を起こす状態を、毎朝繰り返すうちに本人が全く予想も出来なかった大病を患ったり、または不慮の事故などに遭って大怪我をしたりして

結果的に大変な思いをする羽目になるということを、せめてこのブログを読んでくださっている、あなただけには十分に理解して知っていて欲しいのです

なぜ?朝いつも気持ちよく起きられないのか→目からうろこ、誰もが知らない寝起きを確実に良くする寝起き改善法?

心が体に悪影響を及ぼす、いくつかの例

まず、どのような考え方が、いかなる結果を引き寄せて自身の病気や大怪我などを引き起こす事態になるのか? これから分かりやすく、いくつか簡単に例を挙げて説明していきたいと思います

例えば・・

「普段から強く考えている事」

自分には、この先明るい未来がやって来ない、このまま生きていてもどうせ良い事など無いし、お先真っ暗だ、自分の将来など見たくもない

「その考え方で現実化してしまう未来・・」

目の病気を患ったりして視力が極端に悪くなる、または事故などで目に大怪我をしてしまって結果的に目が見えなくなってしまうことなどが考えられる

「普段から強く考えている事」

仕事に行くのが嫌で本当は行きたくない、毎日学校が休みならいいのになどと考えている、体が疲れていて長期の休養が欲しい、朝から一日中布団の中でずっと眠っていたいし、起き上がりたくもない

「その考え方で現実化してしまう未来・・」

大病を患って仕事や学校などに行くことが本当に出来なくなる、または不慮の事故などに遭い大怪我などをして入院し、結果的にベッドから起き上がることすら出来なくなってしまう事態を引き起こす可能性があります

「普段から強く考えている事」

私は職場や学校などの人間関係が、なかなか上手くスムーズにいかないし、周りからよく素直じゃない性格だとか言われたりもする、でも元々物事を上手く消化したりする事が苦手な性格なので仕方がないと思っている・・

「その考え方で現実化する未来・・」

便秘などに悩まされて、お腹がスッキリしなくなる、お通じをスムーズに行うことが出来ない、または胃痛を起こしたり食べ物の消化が悪くなるなどの症状が引き起こされる事がある

ここで勘違いして欲しくないのは、私は当然医者ではありませんし、そのような専門的な教育を行っている学校などに通っていたこともありません

しかし私は、これだけ自身の健康の為にストイックな考え方を、ずっと続けてこれたのは一切他人の為ではなく

自分為だけに健康や自身が望む本当の喜びや成功を収めるため、ただそれだけの理由で綺麗事など一切無視して己の願望達成を、どんな事よりも最優先してきたからなのです

これを聞いて「コイツは、なんて酷く心の腐った人間なんだ!」と気分を害される方がいらっしゃるかもしれませんが

私は、そのような中途半端な優しさで物事を考えて、人生を適当に生きている他人の事など正直どうだっていいと、いつも本気で考えている人間です

先ほど例を挙げて説明をしました心と体の関連性について、ハッキリ言って医学的根拠などは一切ありませんが、一般論で医学的に考える事だけでは

完全な健康体の体を手に入れることは不可能だと私は若い頃からそう感じていましたので、現在のような心のコントロールによる体の完全な健康法を長年実践して自分自身の健康論を深めてきています

心と体は確実に関連性を持って繋がっている事は確かな事ですが、それだけで終わる事ではなく、自分の日頃の考え方によって事故に遭ったりして大怪我をするといった事まで

心が外的な要因までも強引に引き寄せて実現化させようとする働きを持っているという事実を、論理的にしっかりと理解しながら普段の生活を送って行かれる事を知っていただきたいと私は強く願っています

引き寄せの法則の怖さ→引き寄せの法則最大の注意点、これを知らないとマジで人生終わるよ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする