パートナーの引き寄せ方、大切なのは「準備する」事と「捨てる事」

婚活のパートナー探しは、すんなりと上手く行けば良いのですが、なかなか結果が出せずに何年も相手が見つからないとなると

精神的にも、かなりキツいものがありますし、そのうちに「もしかして私は、誰からも必要とされていない人間なのかもしれない・・」などと時には、自分自身を責めたりすることもあるでしょう

婚活地獄とは本人にとっては大変辛い体験で私も実際に8年間、その苦しみに耐えてきましたが、もし仮に今のパートナーと巡り合えずに

そのような状態が、ずっと続いていたらと考えると・・ 私は恐らく近い将来、間違いなく自暴自棄になっていた事だろうと真剣にそう思います

私は、これで二度結婚をしました→運命の相手の特徴とは、出会ったら本当に分かるの?私自身の体験談

パートナーがいない苦しみは地獄である

そんな厳しくて辛い婚活を出来るだけ早く終わらせる為に、私は常日頃から様々な努力を行っていた訳ですが

コンプレックスとは、そんなに甘いものではない→コンプレックスは解消したほうがよいのか、なおす方法はあるのか?

その中でも必要のない物を処分して理想のパートナーを引き寄せる準備をするといった、自身が編み出した方法を私は密かに行っていたんです

私が婚活地獄にハマって苦しんでいた頃、自宅には、まだ前妻が使っていた私物が至るところに散らばっている状態でした

それはそうですよね、十数年間も一緒に暮らしていれば、それこそ私物などは意識して捨てない限り、どんどん増えていく一方ですし・・

そこで私は考えました

何か大きなものがやって来るには、それなりの覚悟と準備が必要になる

例えば自分が何か大きな買い物をしよう考えた時、それが車や家具だったりしたら買うとしても置く場所があるのかどうか?または、その為の準備などを購入する前に間違いなく考えることが普通だと思います

普段の買い物にしたって冷蔵庫の中が一杯で、ぎゅうぎゅう詰めになっていたら、お金は持っていたとしても少しの食料品ですら、買って帰ることは出来ませんからね

婚活でパートナーを探す時、とにかくパートナーを得る事ばかりを先に考えてしまっていて、肝心のパートナーが居るべき場所を早いうちから準備しておくことを考えていなかった事に、私はだいぶ後になってから気が付いたんです

そういえば私の友人で、それこそ三十代後半になっても結婚はおろか彼女すら出来たことのなかった知り合いがいたのですが、ある日突然彼女が出来たと知らせがあり、その後少し経ってから、あっという間にスピード婚をした友人がいました

その友人が最初に彼女が出来たと喜んで家を訪ねて来てくれた時に、印象に残る事を話してくれたんですが、その話してくれた内容は・・

「彼女が出来たら自分の車の助手席に座ってもらう為に綺麗なシートを買ったんだ、そしたらマジで彼女が出来た!」と、本当に子供みたいに嬉しそうに話してくれたんですね(笑)

その時は私も本当に嬉しかったんですよ何十年も、まともに彼女と呼べる女性すらできなかった友人でしたからね

この友人が彼女が出来たら車の助手席に座ってもらおうと、たとえ彼女が出来る可能性が限りなくゼロに近かったとしても

彼女が出来た後の準備を前もってやっていた事が結果的に、パートナーを引き寄せる突破口になったとは考えられないでしょうか?

例えば私も同じような経験をしており、もしも理想のパートナーに出会えた時に二人でドライブを楽しみたい為だけに高級車を一台、相当無理をして本当に買っています(笑)

しかも私の場合一人目の奥さんの時も、二人目の奥さんの時も全く同じパターンで、高級車を無理して買ってまでもパートナーと出会う準備をしていたら

本当に出会えてしまいましたので前もって準備する事は、やはり大切な事なんだなと感じております

心を鬼にして極限まで大切な物を、本気で捨てる覚悟がありますか?

話が少しそれましたが、とにかく私は前妻の存在を感じられるような部屋では、次にパートナーになってくれる女性が現れた時に嫌な気持ちになるはずだと考えて

それからは「心を鬼にして」前妻の持ち物や思い出の品を片っ端から躊躇なく捨てました、整理するのではなくて

完全に捨ててしまうのです!

有無をいわずに、とにかく全てです!

実際には、どれくらい鬼になって捨てたかといいますと、前妻との結婚指環を質屋に入れて処分しようかと考えるほどの捨て方だったのですが

しかしそこだけは、やはり思い留まりました、だって前妻とは離婚して離れ離れになった訳ではないのですから、私の場合はね・・

別れは突然やってくることもある→過去が気になる過去を考えすぎて苦しい人は、どう生きればいいのか?

あなたは極限まで、大切な物を捨てる勇気が本当にあるのか

ただ、そこまで自分にとって極限ギリギリまで思い出の品を処分して、新しいパートナーにやって来てもらう場所を確実に確保してしまわないと

いい加減、長年続いている婚活地獄から脱出する事は絶対に不可能だと、そこまで私の心は追い詰められた状況になっていました

それからは、本当に身の回りが寂しくなるくらい何もないスッキリした生活を送っていた所、縁あって今のパートナーと電撃的に出会う事ができ、それから数ヶ月も経たない内にあっさりスピード婚する流れとなりました

これは単なる偶然なのでしょうか?

いいえ、これはもちろん間違いなく偶然などではありません

「これは自分を強く信じ、決断することで必然的にやって来た当然の結果なのです」

二度目の結婚までの経緯→失敗しない結婚相談所の選び方、入会し結婚できた私の体験談を話します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする