転職を失敗しない為に覚えておきたい転職理由の「良い例と悪い例」

スポンサーリンク

転職・・

社会に出るとはじめに、ほとんどの人達が生活費を稼ぐ為に、どこかの会社へ就職をして働き始める訳なのですが

その仕事の内容が大変きつかったり、サービス残業や休日出勤、または職場内の人間関係の悩みや、他にも給料に不満がある事など

正社員でもアルバイトの方でも働いていれば、それこそ数え切れないほど数々の仕事の悩みを抱えてしまう事があると思います

仕事が嫌になってくると浮かんでくる「転職」の二文字

そしてその悩みが、なかなか解決できずに、もう限界に近づいてくると頭の中に浮かんでくるのは「転職」という、この二文字になってくるのではないでしょうか?

そして、私も若い頃から結構な数の転職を繰り返してきた人間です

ただ私も転職を繰り返して行くうちに転職のメリット、デメリット、そして注意すべき事柄など

また次の転職先でも同じ失敗を繰り返してしまわないようにするために、ある程度学習して分かって来た事実も数多くありました

そこで私の経験から実際に今、転職をしようか悩んでいらっしゃる方の、ほんの少しですがアドバイスが出来ないものかと考えて今回は、この記事を書いています

良い転職理由とは

まず最初に、私がこれは転職をした方が結果的に良い方向へと進むだろうと考えられる転職理由としまして、次のようなものが挙げられます

「その仕事自体が、もともと本人には向いていなかった」

これは転職理由としてはかなり良いものだと私は考えます、例えば人とのコミュニケーションが苦手なので工場の流れ作業などコツコツと地道に作業していくことが好きだった人がいたとしますよね

その方が突然の配置転換で「来月から営業の仕事をやってもらう事になったから、宜しく頼むよ!」などと言われて、その営業の仕事を実際にやることになったとしたら

これは経営者などの上からの命令で、よくありがちな最悪のパターンだと思いますが

私も実際に、このパターンで会社を去って行った方を何人も見てきています

これは期待に応える為に無理をして会社にいるよりも転職をした方が、はるかに自分の将来のためにプラスになると考えられる一つの例だと思われます

個人の能力を奪ってしまうような会社は最悪

人は能力の差はあれど一人一人得意な事、そしてどうしても不得意で苦手な事などがあり人間ですから全てがオールマイティーな訳がありませんから

せっかく自分の能力を活かせる場所で働いている従業員を、わざわざ見当違いの部署へ配置転換させる経営者がもしいたとするならば

その理由は決して本人の能力や、その人の将来の事を考えての配置転換を行っている訳ではなく、その理由はほとんどの場合が

「会社の経営が上手く行かずに無理な配置転換を従業員に押し付ける事でしか、それを乗り切る手法を持たないワンマン経営者の典型的な経営パターン」でしかありません

ワンマン経営者の最悪なやり方→社畜は嫌いだ!社畜になりたくないサラリーマンの私が最近思うこと

スポンサーリンク

苦し紛れに、個人の負担だけを増やす会社に在籍する意味はない

人間誰しも余裕のある時は、そうでもありませんが本当に切羽詰まって来ると普段は、どんなに冷静な経営者であったとしても、焦りなどから思いもよらぬ行動を取ってしまうものなのです

この本人にとっては、とても受け入れがたい無理な配置転換などを要求された場合、これは本人だけの責任ではなく

経営者側の一方的な都合による場合がほとんどですので、その配置転換をどうしても受け入れられずにいる自分自身を責める事だけは絶対に、やめるようにしてください

この理由で転職すれば、必ず失敗する未来が待っている

次に、これは絶対にやめた方がよい転職の理由になりますが、例えば次のようなものがあります

「今の仕事が自分に合っていない訳ではないが、できれば同じような職種で他の会社に就職した方が、なんとなく良さそうに思える」

もしも、こんな理由で転職しようとしている人がいたとするならば正直、転職は絶対にやらない方が良いです

典型的な「隣の芝生は青い」といった思考パターンを持っている方の、危険な甘い考えだからです

仕事以外の事でも、なぜか他人の奥さんや自分の恋人以外の人が良く見えてしまって、つい手を出してしまったばかりに大やけどを負ってしまうなど 

そんな人達をテレビやニュースなどでも、よく見たり聞いたりした事はないでしょうか?

実際に私の知り合いで、もう何十年以上も同じ職種ばかりの仕事だけを数年単位で、相当な数の転職を繰り返している方を一人知っていますが

若い頃、その方に出会った時に「転職を繰り返している理由はなんですか?」と聞いた時に

「自分は色々な職場を体験して修行をして、将来自分で会社を起こすのがその理由だ!」と言っていた方がいましたが

あれからもう何十年も経っていますが、その方は年金を貰うような年になっても未だに転職を繰り返していますので修行は、まだ終わっていらっしゃらないようです

この様に同じ職種に転職をする時などは、よほど自身の行動パターンをしっかりと理解していない限り、また同じような事で会社を辞めてしまい転職を繰り返してしまう

そしてまた新人からスタートするという最悪のパターンをエンドレスに繰り返してしまいますので同業種への転職の場合は、よほど慎重に行うか止めておいた方が良いと思われます

転職する前に読んでもらいたい記事→失敗する転職と失敗しない転職とは?仕事の選びの考え方を話します

まとめ

転職を考えた時に、また同じ業種への就職を希望する場合には、「隣の芝生は青い」といった思考に陥っていないのか

冷静に自身の行動を分析して、また同じパターンの転職だけは二度と繰り返さないように注意をする事

転職は自身をスキルアップさせるために必要な時は確かにありますが、たいして意味のない転職理由で会社をやめてしまったとしたならば

年齢だけをどんどん積み重ねていくだけで、次に再就職出来る仕事の選択肢も確実に減ってしまいますし

その方の未来は大変厳しい八方塞がりの状態に陥る可能性が、かなり大きくなると安易に想像がつきます

転職は悪い転職パターンを何度も繰り返さない為にも出来れは異業種で、なおかつ自身のスキルアップや将来の夢の実現に少しでも近づけそうな職種を選択するとしたならば

その転職が本人にとって「人生を好転させるための良い転職」になる可能性が大きいと私は信じています

これは、あり得ない経験だった→ブラックな会社体験談その一、水産関係で働いた時のあり得ない出来事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする