仮想通貨元年から2018年へ、仮想通貨に合計70万円投資しました

仮想通貨元年

2017年、仮想通貨は一気に世の中の注目を浴びる事になりました

そして今は2018年

私は昔から投資に関連する事が大好きでしたので、今まで株式や太陽光発電、不動産投資など様々な投資にチャレンジしてきました

あわせて読みたい記事→貧乏思考から金持ち思考への転換、不労所得と太陽光発電で楽して稼ぐ

そして、その中には実際に成功した投資もありますが、逆にかなり痛い目に合わされた投資もあります、それも一度や二度の事ではありません

それでも私は懲りずに様々な投資を続けてきたわけですが、今回の投資は今ではかなり知名度が上がってきている仮想通貨に対する投資になります

はじめ仮想通貨は怪しい詐欺だと考えていた

私が仮想通貨の事を初めて知ったのは、三年ほど前のことだったでしょうか

その時、仮想通貨の事を初めて知った私の頭の中に浮かんだものは

「詐欺」

この二文字だけ(笑)

今では、その考え方も180度変わっていますが、ずっと詐欺だと思っていたものに何故、投資することになったのか?

そのきっかけは、ある日突然訪れました

私が以前投資関係で教材を購入していた、ある会社から自宅に封筒が届き、何だろうと封を開けてみると・・

「仮想通貨投資」

の内容が書いてある案内が入っていたんですよ

しかし、それを見た私はすぐに

「あっ・・なんだ、仮想通貨か~ まだあんな詐欺みたいなコイン投資が続いているんだな・・」

そう思い、ほとんどまともに目を通さずに封筒ごと、すぐにゴミ箱に捨ててしまったんですね

しかし数日経ってから何故か、気になりだしたんです

あの詐欺だと思っていた仮想通貨の事が?

それから私が思ったのは、一見投資とは無関係そうにも思える「引き寄せの法則」の事だったんですよ

あわせて読みたい記事→引き寄せの法則で重要になってくる「行動」とは?実体験から話します

これを聞いて意味が分からない人もいると思いますが私は、ずっと以前から投資と引き寄せの法則を一緒にセットで使いながら投資を続けていました

そしてここ最近、私は何故だか意味もなく?保有していた区分マンションの部屋を一つ

そのまま所有していれば多少は毎月利益になっていくことが十分に分かっていながら、大きな理由があるわけでもなく手放して現金に替えてしまっていたんです

なぜ自分があっさりと区分マンションの一室を手放してしまったのか、その理由は分からないまま、ただ私としましては会社に縛られることなく自由で心から望む生活を手に入れるためには今後どうしたら良いのか

働き続ける事の意味を真剣に考えたい→パブロとブルーノの物語から、四十代半ばを過ぎたオッサンの感想

それがもし、区分マンションや太陽光発電などで不労所得を得ることによって、その願いを叶えようとするのならば?どれほど長い年月、私は会社の奴隷となり働き続けなければならないのか

そのような先の見えない閉塞感に最近、心の中が支配されつつありましたので何かもっと効率よく資産が築ける方法はないものかと?暇さえあれは毎日のように思いを巡らせていました

社畜ってマジきついわ→社畜は嫌いだ!社畜になりたくないサラリーマンの私が最近思うこと

そんな時に一度はゴミ箱に躊躇なく捨ててしまった仮想通貨の事が何故か気になり、後になってから

これは願いを叶える為に、引き寄せの法則が私に知らせてくれている、いつものお決まりのサインではなかったのか?

と、後になってから気が付き、それから慌てて仮想通貨のことをネットで情報収集することになったのです

そして私が詐欺だとしか思っていなかった仮想通貨に対する考え方は、数日後には完全に逆転してしまう結果になりました

仮想通貨を始めるタイミングが良かった

しかも運が良いことに、区分マンションを意味もないのにタイミングよく手放していたおかげで余剰資金が手元にあり

なおかつ仮想通貨の相場が最近は、かなり底付近まで下落していましたので私が仮想通貨に投資することは、もはや「必然的な流れ」と感じさせるような状態でありました

そして今回は額にして70万円ほど、仮想通貨に対して実際に投資を行っています

私が投資した仮想通貨はリップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類

金額の内訳は、リップル=50万円、イーサリアム=10万円、ビットコインキャッシュ=10万円

当然仮想通貨に対する投資は生まれて初めてになりますが、元々株式投資やオプション取引の経験がありましたので、これはすんなりと抵抗なく始める事ができました

ただ皆さんもご存じだとは思いますが、仮想通貨の値動きは他の投資と比べて正直半端なくデカイです

私も、これがもし生まれて初めての投資先だったら、間違いなく精神的に持たなかったことは言うまでもありません

思い返してみれば初めて株式投資を始めた頃、全部合わせても、たかが数千円にしかならないような安いボロ株を買って

チャートを四六時中眺めながら、ほんの僅かな値動きに動揺し慌てて投げ売りしてしまうような精神的弱さしか持っていなかった昔とは違い

これは有望だと決めたら、しぶとくホールドして離さない神経の図太さが株式投資を長く経験したおかげで、かなり体得できていましたので、私が仮想通貨投資を始めるタイミングとしては丁度良かったと思います

ただ以前はホールドすることにこだわるあまり40万円ほど損をしてでも、泣く泣く株を売らなければならない事もありました

とりあえず今後の仮想通貨投資に対するスタンスは、最低でも数ヶ月から数年はホールドして離さないつもりで考えています

また今後、仮想通貨の事は機会があれば、またブログで話していきたいと思いますので楽しみにしていてください

「億り人」

夢ではなく必ず実現にしてみたいですね

あなたへのおすすめ記事→十年近い投資の経験から学んだ、相場が暴落しても勝ち残る為の考え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする