引き寄せの法則を使い本当にやりたかった最高の就職先が決定しました

スポンサーリンク

先月、私事ですが突然仕事を辞めましたと、このブログで皆様に報告を致しました

このブログで以前から紹介している通り、私は会社で責任者という立場で仕事をさせていただいておりました

結婚して妻も子供もいますし普通は四十を超えてから、また新たに再就職を考えようとすることなどは

通常であれば、あまり考えない事だろうとは思いますが

・・ダメなんですよ

私は子供の頃から、ずっと最後の最後は結局

自分の本心や本能、己の直観に必ず従ってしまう、超アブナイおかしな人間なんです

理事に面と向かって言ってやった

今回の転職も、実は辞める少し前に会社で絶大な影響力のある偉い理事に面と向かってこう言ってやったんですよ

「他の人はどうかは知りませんが、私はあなたの事が怖いなどとは、まったく思っていない!」

こんなことを理事の目の前で本気で言い切りました(笑)

普通なら、とんでもない事になって会社に居られなくなるでしょう

でも私は本当に会社を辞める少し前に、そんなことを本気で言いました

私のその時の気持ちとしては

「立場がエライからって足元見て調子こいてんじゃねぇぞコノヤロー!やれるもんならやってみろ!自分の立場が上じゃないと何も出来ない、この腰抜け野郎が!!」

その時は理事に対してマジで、そんな気持ちと気迫で対面したんです

まぁ結局、今はその会社を辞めているのですから、何も本心も言わずに辞めなくて良かったなと心底思っています

ちなみに私は辞める事になってから、その理事とは退職の挨拶どころか口も聞いていません、社内で会っても完全に無視して仕事をしていました

それくらい、極端なんですよ私の性格は

ただ、そんな性格の自分が大好きですけどね

あわせて読みたい記事→嫌な人とは同調するな!同調しか出来ない人間は惨めなただの操り人形

結局その後どうなった

しかし会社を辞めてから、私の状況はそれからどう変化したのかといいますと

今回、このブログ記事を書いて本当に皆さんに報告したかったのは実はこココなんです

昔からやりたかった仕事で、なおかつ第一志望だった待遇の良い憧れの会社に見事一発合格、採用されました!

できすぎたような話ですが、これは本当のことです

しかも大手なのに、何故か面接に行った時点で採用になっている?みたいな話の流れになっており

スポンサーリンク

家を出てから僅か数時間で仕事が決まり自宅へ帰って来た私が

「仕事が決まった」

と妻に報告した時、妻の驚く顔が面白かった(笑)

面接に行って、その日ですからね

人生これだから面白い

これからどうなろうが自分の決断に後悔はしたくない

結局は自分の本心で決断して行動し、イヤイヤ勤めていた会社を何のアテもなく

周りから変人扱いされながらも辞めたことが

本当に自分がやりたかった仕事を引き寄せ、あっさりと現実化させてしまった

確かに会社を辞めた当初は、不安で眠れない日々が正直ありました

ある時、子供と海へ散歩に出かけた時、海辺で無邪気に遊ぶ自分の子供の後ろ姿を眺めながら

これからの将来の不安に押しつぶされそうになり、正直泣きそうになっていた時もありましたよ

あの時は本当に辛かった

成功している自分のイメージを無理やりでも持ち続けた

妻や子供達に心配をかけまいと、何とか気持ちを保って明るく振舞ってはいましたが

心の中は「もし、このままずっと仕事が決まらなかったら、これからどうしたらいいのだろう?」と

今、考えてもしょうがない事が頭の中を占領しようとするたびに強制的に

その考えを排除する努力を、何とかギリギリの所で踏ん張って、やり続けていました

とにかく、そのような状況の中でも自分が取った行動には自信を持ち、これは全て上手くいくんだと良い事ばかりを無理やりイメージし続けながら

マイナス思考が引き寄せの法則により悪い方へと、あやまって現実化してしまわないように

あわせて読みたい記事→引き寄せの法則最大の注意点、これを知らないとマジで人生終わるよ?

気持ちを強制的に切り替えて生活していたことが

今回の奇跡的に自分が望む会社への就職といった形に自然に導かれたんだと

自分の中では、そう勝手に解釈しています

これから仕事や生活が実際どうなって行くのかは分かりませんが

出来る限り自分の本音で人生を生き続けていく事が

どんな結果に繋がっていくのか?

それを私が実際に実践することにり、皆様の良い実験台として

これからも、このブログで報告し続けたいと考えています

あなたへのおすすめ記事→引き寄せの法則で重要になってくる「行動」とは?実体験から話します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする