結婚はした方がいいのか、それとも結婚はしない方がいいのか結論は?

結婚

今日は、結婚はした方がいいのか、それとも結婚はしない方がいいのか?について

男性である私の目線から考えてみた、主に男性の方に向けての記事となっております

二度の結婚経験を持つ私

今、この記事を書いている私も、ほんの数年前までは

いつ終わるとも知れない婚活地獄に、もがき苦しんだ経験を持つ男です(笑)

その夢にまで見た二度目の結婚に、たどり着くまでに費やした期間は、なんと8年!

あわせて読みたい記事→失敗しない結婚相談所の選び方、入会し結婚できた私の体験談を話します

自分でも良く諦めなかったなと感じていますが、今回の話の内容は

結婚はした方がいいのか、それとも結婚はしない方がいいのか?

といったものなので、とりあえず婚活中の事は横に置いておきまして

早々と結論から申し上げますと結婚とは

「しても、しなくても良いもの」

と私は結論づけました

これは一体どういうことなのか?

結婚とは新しい就職先と同じ

この答えを聞いて結婚をするために8年間も頑張ってきた男が

何を言っているんだろうと思うかもしれませんが

結婚というものは冷静に考えてみても、やはり

結婚=ゴール

ではありません

分かりやすく結婚を他のものに例えるなら

結婚=新しい就職先

みたいなものでしょうか

結婚はゴールではなく所詮、物事の始まりでしかありません

これから一緒に生活をしていくパートナーと一生をかけて行っていく

夫婦という、とてつもなく長い仕事のようなものなのです

これを聞くと「結婚て、なんか思っていたイメージとは違って夢も希望もないものなんだな・・」

と感じる男性もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください!

結婚とは夢も希望もあって楽しくて素晴らしいものなんだと

私は本当にそう感じているんですよ

ただ、結婚とは、やはり良い事ばかりではなくて

メリットとデメリット

の両方が存在している事は、結婚を考えた時にしっかりと認識しておかなくてはなりません

あわせて読みたい記事→もう勘弁してください女性の気分の落ち込みに対処する唯一の方法とは

ちなみに私は何度もこのブログで話していますが、二度も結婚している経験から(※一度目の方は離婚ではありません)

あわせて読みたい記事→愛する人を失う悲しみ、この悲しみを乗り切る為の方法を私が教えます

まずは、結婚におけるメリットを男性の立場から感じたことを正直に話してみます

私が普段の結婚生活の中で、一番結婚して良かったなと感じられることは

「どんな些細な事であっても、一人よりも家族で何かをやる方が何倍も楽しいこと」

これは私が結婚における最大のメリットだと、常日頃から感じ感謝している事です

あわせて読みたい記事→今週妻と一緒に見た桜並木と、このブログ自由への橋に対する私の思い

一人で何かやっても、面白くもなんともない

だって考えてみて下さい例えば、あなたがどこか旅行にでも行きたいと思った時

または旅行には行かなくても、近くの公園や観光地、スーパーで買い物をする時や

普通にどこかで外食する時であっても

一人ぼっちでそれをやってみて、心の底から幸せだと感じる事ができますか?

もし、それらの事を一人でやっている時などに

言いようもない、なんだか寂しい思いを感じるような人であれば

それは、やはり結婚を考えた方がよいタイプの人に当てはまります

そんな一人でいる時などに、なんだかふと虚しさや寂しさを感じる事は

甘えなどではなくて人間として、ごく自然な感情ですし

無理に一人でも大丈夫なんだと強がる必要は何もないんです

人って、そんなロボットみたいに強いものではありませんよ

一人の方が良いタイプの人も存在する

そして中には二人よりも一人でいる時の方が落ち着くし

そのような状況の方を逆に幸せに感じるタイプの人達もいます

そのようなタイプの人であれば、私は無理をしてまで結婚といったものに

縛られる必要性は全くないと考えています

では次に結婚のデメリットについて、お話をしていきますが

よく男性に対して「どうして結婚をしないんですか?」

と、いったような質問をした時、その答えとして

「なかなか良い方との出会いがなくて・・」

といったような答えがありますが

大半の結婚しない男性の本音は

「結婚したら経済的にやっていけない」

といった所が本音ではないでしょうか?

男は経済力がないと結婚生活は厳しい

いくら男女平等の世の中だと言われるようになったとしても、私から言わせてもらえば

まだまだそれは表面的なことでしかなく、結婚したらやはり

男性が経済的に、しっかりと家庭を支えていかなくてはならない事は

特に、この日本社会におきましては、まだまだその風潮が根強く残っているように感じます

日本では結婚している女性が無職でも、そこまで問題視されることはありませんが

「男性が無職で働いていない」となりますと、周りから白い目で見られることは避けられません

つまり一度結婚を決めたら男性は女性よりも多くの責任を抱える事になる

これは男性なら覚悟しなければならない重要なことであり、これが結婚の最大のデメリットになります

私の個人的な意見として、やはり幸せで穏やかな結婚生活を長く維持していく為には

確実に「男性の十分な経済力」

これがなければ幸せに家族を養っていくことは本当に苦しいものとなり

男性の肩に「結婚をした責任」として重くのしかかってくることは間違いのないことでしょう

あわせて読みたい記事→30代後半から40代男性の婚活で自覚したい結婚と年収の厳しい現実

「結局はお金か・・」と感じる男性もいるかと思いますが、そうですよ

「結局は世の中お金なんです、特に男性の方は夢ばかりを見ずに、早く目を覚まさなくてはなりません」

しかし、この言葉を聞いて気分が悪くなる男性がいたとしたならば、残念ながらその人は

まだまだ結婚や世の中に対して現実から目を背けている甘い考えを持っている人なので

結婚には向いてないタイプの人間であると、私がキッパリと断言しておきましょう

男性は幸せな結婚を自身に対して本当に望むのであれば

「経済力」これだけは避けて通ることの出来ない道なんだと

覚悟をして結婚には望んでもらいたいものです

結婚は正直誰にでもできます、ただ理想とする相手や幸せな結婚生活を

心から望むのであれは

お金は絶対的に必要不可欠なものになってきます

最後はお金の話になってしまいましたが、結婚とは見方を変えるとそういったものなのです

だって考えてみてください

自分が理想とする、やりたくて楽しい仕事がもしあったとして

それをやってみたいと、あなたが思った時、その会社から

「すまないが、この仕事をやっても生活していく事の出来る給料は出せないが、キミはこの会社で一生働いてくれないだろうか?」

そう会社の社長さんから言われたら100人のうち、何人がその会社に残って就職するでしょうか?

女性が男性と結婚したいと思う気持ちは、綺麗事では一切なく、そのような一面もあるのです

ただ好きという気持ちだけでは現実的に幸せな結婚生活は、まず成り立ちませんから

「愛があればお金なんかいらない」

そんなセリフをどこかで?聞いたような覚えがありますが実際の女性の心の中は

「私には愛とお金、両方が必要なんです!」

これが本音です

それが結婚を考えている男性へ向けた、私の心からのメッセージになります

あなたへのおすすめ記事→結婚を失敗しないために、初めから考えておかなければならないこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする