専業主婦の忙しいアピールにはもうウンザリ、父子家庭経験者からの感想

スポンサーリンク

専業主婦の忙しいアピールには、もうウンザリ

「専業主婦って、すっごく大変な仕事なんだよ!」

私は専業主婦の仕事は、とても素晴らしいものだと認めていますし、それを一切否定するつもりもありません

ただ、一部の専業主婦の方がネットで忙しいアピールを、一生懸命主張されているのを拝見したりしますと、私は正直言って・・

「仕事してる方が大変じゃね?」

はっきりと、そう思ってしまいます

ただ、専業主婦といいましても、中には病人の介護なども同時にやっている方であれば、また話は別でしょうが・・

8年間、父子家庭をやってきて専業主婦の愚痴に対して思うこと

ちなみに私は男性ですから普通であれば家事や育児などは、ほとんど奥さんの方にまかせっきりにして

外で仕事をしている経験しか、本当は持たなかったはずなのですが・・

あわせて読みたい記事→過去が気になる過去を考えすぎて苦しい人は、どう生きればいいのか?

ある時を境に小さな子供二人を一人で育てながら、家事も全て一人でこなし、なおかつ生活を維持していく為に

正社員として夜勤の仕事もやりながら今の奥さんと再婚するまでの8年間、ずっと父子家庭をやり切った男です

あわせて読みたい記事→父子家庭の悩みについて語る、8年間実際にやってきたリアルな体験談

私が以前、このような生活になってしまってからは正直、地獄のような生活だなと感じました

何故かといいますと、とにかく初めの頃は自分のプライベートの時間が、ほとんど作れなかったんですよ

会社でも他の同僚と同じように仕事はこなさなくてはなりませんし、父子家庭だからといって

自分だけ特別に仕事を楽にしてもらえるような、そんな甘い会社ではありませんでしたから

夜勤が終わってクタクタになり家に帰れば当然ですが、次は家事や育児といった仕事が待っています

心も体も相当キツかったですが他にやってくれる人など、私の場合は諸事情により誰もいませんでしたから

夜勤明けで家事や育児が大変だなどと、愚痴などを言っている暇など本当になかったんです

それに加えて地区や学校の行事なども普通にこなさなくてはなりませんし、掃除、洗濯、買い物、料理、子供の世話、そしてまた仕事と・・

初めの頃は半分頭がおかしくなりそうになっていましたが、やはり子供たちの事を考えたら

そのような甘ったれた考え方などはいつの間にか、どこかに消え去ってしまっていましたよ

だって小さい子供たちが頼れるのは、その頃は私一人だけでしたから、なんとしてでも

この子達だけは私が育て抜いてみせると、いつもそう自分を奮い立たせていました

しかし、そんな毎日を送りながらでも、なんとか生活にゆとりを取り戻そうと

自分なりに一生懸命時間を作り出す勉強や、生活の無駄をなくす改善策や努力を毎日行っていくうちに

そんな苦しい状況の中でも、しっかりとしたゆとりのある生活を、いつの間にか送れるようになっていったのです

私は仕事のない専業主婦だけをやっていればよい休日などは、会社での仕事の時とは違って

主婦の仕事の要領が分かってくると、あまりにも時間に余裕がありすぎて

スポンサーリンク

ネットサーフィンや、たまに映画を見たり、好きな時に自由に昼寝ができる時間が確保できたりすることなど・・

はっきり言いまして、会社員の仕事と比べたら慣れてくると

「専業主婦だけやっていればいいのなら本当に、この仕事は楽勝だな!」

家事や育児をテキパキとこなしながら、心底そう感じていましたね

なぜ、そんなしょうもない愚痴が言えるの(笑)

そのような経験を実際にやってきた私ですが、ネットでの主張で見られるような

専業主婦の本当に暇人だとしか思えない、くだらない愚痴などを目にしてしまうと

「その程度の事で、よく愚痴れますね?(笑)」

と、あまりにもレベルが低すぎてちゃんちゃらおかしすぎる、そんな気持ちになってしまいます

「毎日が目が回るほどの忙しさ」だとか

「自分の時間が全く持てない」とか

中には「旦那が家事や子育てを手伝おうとはしない」など(笑)

私から言わせてもらえば、それは単なる専業主婦の「甘えやワガママ」と「仕事の要領や自己能力の低さ」にしか思えません

その程度で忙しいアピールをするということは逆に言えば、「私には能力がないんです」と周りの人達に主張しているようなものですよ

会社での仕事と専業主婦の仕事では、根本的に「質」が違うと思え

会社で旦那さんがしっかり働いて生活費を稼いできてくれているのに、一体なにが不満なの?

ハッキリ言って外で仕事をしてお金を稼いでくるというのは、そんなに楽で簡単な事ではありませんよ

会社員の仕事も専業主婦の仕事も確かに同じ「仕事」であることは、私も十分に理解しています

しかし仕事の「質」となると、それは全くの別物

専業主婦の仕事であれば、多少誰かに迷惑をかけようが少しのミスでも、それほど大きな問題にもなりませんが

会社の仕事で、もしも取り返しのつかないようなミスなどをして、お客様に迷惑をかけてしまった場合では

仕事における責任の重さか、専業主婦の場合とは桁違いに違ってくるものなのです

仕事の質が違うという事は、責任の重さが違うということ

会社員の仕事であれば大げさではなく、たった一つのミスで時には

想像もできないほどの莫大な損害が仕事上で発生してしまうリスクがあるものです

仕事上、関係してくるは「お金」や「業者さん」、そして「お客様」など、それらは多岐に渡っていて

専業主婦の仕事とは関係してくる相手や、その社会的立場や責任の重さの次元が根本的に違ってきますから

その点、専業主婦であれば責任の重さが「ギャーギャー」と騒ぐほど、それほど大した事ではないことくらい

会社員として外で仕事をされている方なら、今さら私が説明しなくとも当然理解されている事でしょう

その大変な責任と重圧のプレッシャーの中で毎日仕事し、家族のために

毎日頑張っている旦那さんの凄さ、少しは考えたことがあります?

会社員の仕事では基本、泣き言など言えないのが当然の事

これが最後に専業主婦で愚痴や忙しいアピールなどをされている方に、私が最後に送りたい言葉です

会社員の仕事では、どんなに理不尽だと心の中で、そう感じていようが屁理屈や有無を言わさずに、例えば上司やお客さまなどの命令などであれば

嫌でも従わなくてはならずに我慢しなくてはならない事など、それこそ普通に、いくらでもあることなのです

仕事上でいちいち「あ~だ、こ~だ・・」と屁理屈などを言っていたら、はっきり言って全く仕事にすらなりませんからね

あなたへのおすすめの記事→この世は弱肉強食の世界だと知る、人間も自然の摂理には逆らえない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする