弱い心を簡単に強くする方法は、理屈抜きで筋トレがオススメなワケ

スポンサーリンク

筋トレは理屈抜きで心を強くできる

現在、四十代半ばを過ぎたオッサンの私が人生で最初に

本格的な筋肉トレーニングを始めたのは、高校三年生の時でした

その当時の私は今とは違って誰の目から見ても体がガリガリに痩せており、見るからに貧弱で、おまけにいくら無理に食事を摂ったとしても

少しも太る事ができないといった「太れない体質」に小さな頃から悩み続け、ずっと強いコンプレックスを持ち続けていました

そして私は、その頃ずっと憧れていた映画の中の主人公、「ロッキー」に出てくるシルヴェスター・スタローンのような

強く、たくましい肉体を持った男になりたいといった思いが、人生で初めてになるトレーニングジム入会の大きなきっかけになっていました

あわせて読みたい記事→コンプレックスは解消したほうがよいのか、なおす方法はあるのか?

筋トレを始めてから気がついた心の中の変化

人生初の本格的なトレーニングジムに入会した私が最初に驚いたのは普段の生活の中では、まず目にすることのなかった

異様なまでにたくましい、まるで化け物のように太い腕を持った強そうな男達がジムには普通に、うじゃうじゃいた事でした

そしてさらに驚いたのは、なんと言いましょうか、その方達は見た目も、もちろんたくましいのですが、ついでに心の方も何だか?変なスイッチが入っているみたいに

おかしなくらいたくましい事に後になって気が付いてきたんですね、なかには小さな事なんか全く気にしない、というかその事に気づいてすらいないような、ちょっと笑えるような人までいたりして(笑)

そして、この私自身も、そのような異様な環境に長い間、身を置いていくうちに次第に心も体も、たくましくなっていき、それから数年が過ぎる頃には

ジムに入会した時から20キロ以上も体重が増えて、数年ぶりに会った知り合いが私の事に気が付かなくなるくらいにまで、自分自身が大きく変化することができました

そして今では到底無理ですが、その頃の私はベンチプレスの120キロを普通に軽々と上げていましたので

それほど自慢できる大した重さではないですが今考えてみると、そこそこは鍛えていたんだなと思います

筋トレを十分にやれた時期と、やれなかった時期を交互に経験して分かったこと

私は筋トレを数十年以上も習慣として続けてきていますが、もちろんその長い期間の間、ほとんど休むことなく理想的な筋トレが出来ていた訳ではありません

やはり仕事の都合や家庭の事情やらで、長い時には一年以上も、まともなトレーニングすらできなかったことだって何度も経験しました

スポンサーリンク

そしてタイミング良く、また筋トレを再開できる機会が訪れて、しっかりと筋トレをやっていくと、また以前の様に肉体的に強くなっていくのは当然のことですが

それよりも理屈抜きで精神面の方も、まるで筋肉と同じように、どんどん強くなっていくのが、よく分かってくるんですよね

定期的な筋トレを長い間やれなかった時のダメな自分→気が弱い性格の人は無意識にやっている、ある行動を直さなくてはダメ

普段の生活の中で精神的な面で嫌な思いをしたりプレッシャーに感じる出来事などは、たくさんあると思いますが

それらの出来事を理屈抜きで、あまり感じにくくしてくれて、なおかつ自分自身のモチベーションやパワーを無条件に引き上げてくれるのが、この「筋肉トレーニング」なんだと考えています

そして、これは私の個人的な考えで、さらに私は医学的な知識は全く持ってはいませんが、自身の実体験から学んだ事として間違いなく

「定期的な筋力トレーニングは体だけではなく、心も無条件に強化していく事ができる」と数十年以上の筋肉トレーニング歴を持つ私が、これはハッキリと断言したい事になります

たとえ忙しくても工夫次第で、筋トレの出来る環境は作る事ができる

これは私が個人的にやっているオススメの筋トレのやり方なんですが、やはり普段の忙しい生活の中で筋トレの時間を継続して持ち続けていくのは、なかなか難しいものです

私も、はじめの頃はトレーニングセンターに仕事が終わってから夜遅くまで通っていたりしましたがジムに行くまでの時間が、もったいなかった事や

毎月かかる月会費にしても忙しくて、あまりジムに通えなかった時があったとしても

必ず支払わなくてはなりませんので、そのうちに考え方を改めて自分で貯めたお金で少しづつですが

安いトレーニング器具などを買い揃えて、ある程度のトレーニングができる程度に自宅に器具が揃ったら

ジムを退会して自宅である程度のトレーニングが、できるような環境を作りあげました

こうする事によって、どんなに忙しい時でも、数分~数十分だけでも空いた時間で素早くトレーニングを行う事が出来て

なおかつジムに通う時間や会費も節約する事ができましたので、これは私流のやり方ですが

そこまで本格的なバキバキのマッチョを目指さない人であれば、私はこのやり方で十分だと考えています

そして、弱い心を無条件に強くしていく事を筋トレの目的にしたい人であれば、そこまで本格的なボディビルダーのようなトレーニングを、無理に行う必要ありませんのでポイントとしては

定期的に継続しながら無理のないようにトレーニングを続けて行く事を一番に考え

弱い心を無条件に強化する事ができる筋トレを、とにかく継続的に続けていくこと

この事を一番に考えながら、私がオススメする心を無条件に強くしていく筋トレを

心が弱くて悩んでいる方は、是非とも試してみる事をオススメします

あなたへのおすすめの記事→嫌われることを恐れない嫌われてなんぼ、わざと嫌われて楽に生きる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする