何でも聞いてくるウザイ人の特徴や、そんな相手への対処法などを教えます

何でもすぐに聞いてくる人はウザイ!

身近な人に対して自分で調べれば分かるような事でも、すぐに何でも聞いてくる人達がいます

はじめのうちは親切に答えたりするものですが、そのうち慣れてくると何度も同じようなバカな質問を繰り返してくるので?

「どうして自分で調べれば分かるような簡単な事を、イチイチ聞いてくるんだろう・・いい加減ウザイしイライラするな!」

と、そう感じてしまう困ったタイプの人達が、あなたの身の回りにはいないでしょうか

まずは、そのような人達が少しだけ頭を使って考えれば分かるような事でも、なぜ同じ事を

何度も繰り返し聞いてきたりするのか?その理由から、はじめにお話しをしたいと思います

あなたの時間と脳をタダ借りする卑怯なヤツで、最初から自分で考えるつもりなどない

自分で考えれば簡単に分かるような事を何度も、しつこく訪ねてくるようなタイプの人は、

あなたの大切な時間と脳を平気でタダ借りしようとする卑怯な人間です

そして、自分の頭で考えて問題を解決したりする事を最初から面倒だと思っている性格でもあり、なおかつ自分の決めた決断に対して自信や責任を持つことができませんので

他人に対して質問をして返ってきた言葉を、そのまま盾にして何かトラブルになった時の保険として

後で問題が起こった時に、「これは私のせいじゃなくて、この人が言った通りにしたら私はこんなミスをしてしまったんですよ~( ノД`)シクシク…」などと言って被害者面をして

自分のミスを後で人のせいにしてくるズルくて卑怯なタイプの人間ですので、このような人物には本当に注意が必要ですね

どうやったら、そんな卑怯な人物を簡単に見抜けるのか

ここからは私の経験から、このような卑怯でズルいタイプの人達を簡単に見抜く事のできる方法を教えたいと思います

まず、このようなタイプの人達は以下のようなバカげたを質問を、日頃から何度も繰り返し聞いてくるので、わりと簡単に見分ける事ができるんです

明日の天気や日付、曜日や時間を繰り返し聞いてくるアホ

天気や日付、曜日や時間などは普通は毎日、自分で把握する事ができる最低限の事柄になりますが

しかし、このような頭を使わなくても当たり前に分かるような事が、全く出来ない人達も存在しています

いや、出来ないのではなくて、そのような人達は身近に質問をしたら気軽に何でも答えてくれる都合の良い人を見つけることによって

自分で頭を使わなくても大丈夫なように、例えて言うならスマホで使うグーグルの音声検索の代わりのように都合の良い人間を扱おうとするのです

あわせて読みたい記事→器用貧乏に待つ哀れな終着点、器用貧乏には絶対になってはいけない

そして私の経験だと特に年配者の方が、このようなくだらない質問をしてくる事が圧倒的に多いですね、少しは自分の頭で考えろよって感じです

対処法

このようなズル賢い人達にグーグルの検索機能の代わりのように、安易に扱われないようにするための、ちょっとしたコツを教えます

質問をされたら、わざとオウム返しをする、とぼける?

「これは、どうしたらいいの?」と聞かれたら

「どうしたらいいでしょう?」と逆に聞き返す

または、「今、何時だ」と聞かれたら

「何時なんでしょうかね?」と、とぼけたふりをする(笑)

ただ、ふざけているだけのようにも思われますが、これくらい適当にあしらわなければ

もともと自分が他人に迷惑をかけている事すら、気が付かないような人達なので別に気にする事もないでしょう

間違った答えを、わざと適当に教える

私はトラック運転手の仕事をしており未だにスマホを持っていない、ガラケーしか使えない年配者の方などから

「明日は晴れなのか?」といったようなバカな問いかけを、以前は毎回のように聞かれていた頃がありましたが

私も忙しいし、イライラするので天気の事を聞かれたら、「天気予報見ていないですけど、晴れるんじゃないですか?」とか言って

思いっきり明日は雨の予報にもかかわらず、わざと適当な事を言って次の日に、その人を困らせてみたりしました

当然雨が降ったことで怒ってくるバカもいますが、その時は「自分は予報見てなかったと言ったじゃないですか?それなら最初から自分で調べたらどうですか!」と、冷たくあしらうだけです

そんなバカには、これくらいの対応で十分です実際に、これ以降はバカな質問はしてこなくなりましたからね

あわせて読みたい記事→正直者はバカを見るし損もする、正直者はリスクにしかならない理由

スマホなどは必要でない時は極力、持たないようにする

スマホなどの便利なツールを、いつも肌身離さす持っている人などは注意しなければITリテラシーが低い人間の餌食になってしまう事があります

特に気が弱く頼まれたら断れないタイプの人は、スマホが使えない年配者などから自分で操作しなくても何でも思った事を言えば、すぐに答えてくれる「歩く人間スマホ」だと勘違いされてしまいますので

そんな方は、あえてスマホを使う必要のない時はロッカーの中などにスマホは仕舞い込むなどして、例えば何か聞かれたとしても

「あぁ~すいません、スマホはロッカーの中に置いてあるんで今、手元にないんです」

と言えば、それ以上はもうどうする事もできませんので、これは気の弱い人などにオススメな方法になります

何でも聞いてくる人には、特に意味もなく近寄らないようにする

何でも聞いてくる人が会社の同僚などであった場合では、仕方なく毎日顔を会わせる事にもなりますが

このような場合でも、無理にコミュニケーションをとろうとする事はやめて、意味もなく安易に近寄らないようにするほうがいいですね

あわせて読みたい記事→嫌われることを恐れない嫌われてなんぼ、わざと嫌われて楽に生きる

何でも聞いてくる人は、仲良くなればなるほど遠慮なくバカな質問をしてくるようになるので、意識して距離感を保つよう心がけてみてください

いかがでしたでしょうか

このように何でも聞いてくる人に、いつも同じような質問をされている人は、毎日かなりのストレスを抱えてしまう事になりますので

先ほどのように、いくつか紹介した対処法などを使って上手く撃退できるように頑張ってみてください

あなたへのおすすめの記事→いじめられる人が、いじめられにくい人になるためのたった一つの心構え

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする